なんで煙草をやめることが出来ないのだろう

Share on reddit
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

なぜ、みなさん簡単に煙草をやめることが出来ないのでしょうか??

みなさん煙草を吸っている人たちは、ニコチン依存症という病気にかっているようです。

ニコチン依存症という病気は脳の抱える病です。

昔だったら、ニコチン依存症はなかなか治療することも出来なかった病気でしたが、現在いろいろな治療方が解明されて来たようです。

アルコール依存症という言葉もありますが、ニコチン依存症も基本は似たようなものです。

みなさんが煙草を吸うと、ニコチンが脳に運ばれて、 快楽神経系にあるニコチン受容体を刺激します。

そして、快楽物質であるドーパミンという物質を分泌します。

みなさんが依存症になってしまう原因はここにあります。 煙草の常習者ほど、この依存度が強いと考えられているのです。

煙草の本数は結果どんどん増えて行ってしまいます。

決して、意志の強さで煙草を止めることの出来る問題ではありません。

脳による病気のため、煙草が止められなくなってしまうのです。

煙草を無理してやめようとしても、禁断症状が出るようになります。

セロトニン、 ノルエピネフリンなどの作用もここで大きく関わってきます。

煙草を吸うことによって脳をみなさんがコントロール出来なくなってしまったのです。

禁煙することで、 神経伝達物質の分泌が滞って気分が落ち込んだり、集中力の低下、イライラ感が起こります。

Share on reddit
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket